読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5日目〜愛のタージマハル〜

昨日5時間の移動を経て、デリーからアーグラーへ。


アーグラーは愛の街。
私が最も楽しみにしていた街。


タージマハル。

もしも友達が私に「インドに行きたいんだけどどこがおすすめ?」と聞くならば
私は迷わずタージマハル。と即答します。



いや、これ実はすっごいロマンチックなストーリーがあって、
ただの建物じゃないんですよ。


 



昔々、ムガル帝国の第5代目の王様ジャー・ジャハーンの愛する奥さんムムターズが亡くなった時の話。


悲しみに暮れたジャハーンは、22年の歳月を費やして、
この白い大理石の世界一豪華な墓、タージマハルを作ったんです。


そうです、これはお墓なんです。


そして当初のジャハーンの計画では、同じくらいの大きさとデザインですぐ隣に黒大理石で「黒いタージマハル」を自分の墓として建てる予定だったのですが、
7年後に自身が亡くなってしまい、叶わぬ夢となったのです。


最終的に、ムムターズに寄り添うようにここにジャハーンの棺も安置されたわけです。


ね、素敵でしょ。


こんな自分の為に世界一のお墓建てちゃうダーリン、欲しいでしょ。



実際に見ると、本当にそのスケールに圧倒する。

何回タージマハルをバックに一緒に写真をとっても、
なぜか合成写真にしか見えない。


ここでムケーシュが時間を1時間もくれたので、

少し遊んでみる。



まずつまんでみた。

インド旅行記2010-taji play



調子に乗って妹を使い、キスさせてみた。

 





ここはもちろん観光客も半端なくいるし、
その分スリとか詐欺とか、そんな変な人もいっぱいいる。



満月の夜は入場料は倍らしいけど、特別にオープン。

月の明かりに照らされて、現世にはないような美しさらしい。

 




本当に、出来ることなら満月の夜にまた来たい。